1. 美味しいお茶の淹れ方

美味しいお茶の淹れ方

お茶によって淹れ方が変わります。お求めいただいたお茶をお選びください。

宇治抹茶
  • 宇治抹茶
  • 宇治玉露
  • 宇治かぶせ茶
  • 煎茶(新茶・壷切茶・大福茶)
  • ほうじ茶(壺切ほうじ茶)
  • 玄米茶(壺切玄米茶)
  • 宇治雁ヶ音
  • 冷煎茶
  • 祇園しぐれ

宇治抹茶の美味しい淹れ方

  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    約2gの抹茶を茶こしでこして、茶碗に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    70~80㎖のお湯を加え、茶筅でmの字を描くように点てます。
  • 【其の三】
    手首を前後に勢いよく振り点てます。最後は表面を整えるようにゆっくり動かして静かに茶筅を引き上げます。※

    ※この点て方は一例です。お抹茶の点て方は流儀によって異なります。

宇治玉露の美味しい淹れ方

茶葉の場合

  • 茶葉:8g
  • お湯:100ml
  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    一度沸騰したお湯100㎖を 二つの湯呑みに分けて注ぎ、湯冷ましします。
    大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    湯飲みのお湯が約50℃になった頃に急須へ移します。
  • 【其の三】
    抽出して「廻し注ぎ」します
    約3分待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。※

    ※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

ティーバッグの場合

  • 【其の一】
    tea bag 1bag
    お湯呑み・マグカップ等にティーバッグ1袋を入れます。
  • 【其の二】
    50℃ 100㎖
    一度沸騰したお湯(約50℃)を100㎖注ぎます。
  • 【其の三】
    3min
    約3分おいて、お茶の色が出たら軽くゆすり取り出してお飲み下さい。

宇治かぶせ茶の美味しい淹れ方

茶葉の場合

  • 茶葉:8g
  • お湯:200ml
  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    一度沸騰したお湯200㎖を二つの湯呑みに分けて注ぎ、湯冷ましします。
    大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    湯飲みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移します。
  • 【其の三】
    抽出して「廻し注ぎ」します
    約1分半待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。※

    ※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

ティーバッグの場合

  • 【其の一】
    tea bag 1bag
    お湯呑み・マグカップ等にティーバッグ1袋を入れます。
  • 【其の二】
    50℃ 100㎖
    一度沸騰したお湯(約75℃)を150㎖注ぎます。
  • 【其の三】
    1min 30sec
    約1分半おいて、お茶の色が出たら軽くゆすり取り出してお飲み下さい。

煎茶(新茶・壷切茶・大福茶)の美味しい淹れ方

茶葉の場合

  • 茶葉:8g
  • お湯:200ml
  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    一度沸騰したお湯200㎖を二つの湯呑みに分けて注ぎ、湯冷ましします。
    大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    湯飲みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移します。
  • 【其の三】
    抽出して「廻し注ぎ」します
    約1分半待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。※

    ※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

ティーバッグの場合

  • 【其の一】
    tea bag 1bag
    お湯呑み・マグカップ等にティーバッグ1袋を入れます。
  • 【其の二】
    50℃ 100㎖
    一度沸騰したお湯(約75℃)を150㎖注ぎます。
  • 【其の三】
    1min 30sec
    約1分半おいて、お茶の色が出たら軽くゆすり取り出してお飲み下さい。

ほうじ茶(壺切ほうじ茶)の美味しい淹れ方

茶葉の場合

  • 茶葉:8g
  • お湯:250ml
  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    一度沸騰したお湯250㎖を二つの湯呑みに分けて注ぎ、大さじ約4杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    湯飲みのお湯を冷まさずそのまま急須へ移します。
  • 【其の三】
    抽出して「廻し注ぎ」します
    約1分半待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。※

    ※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

ティーバッグの場合

  • 【其の一】
    tea bag 1bag
    お湯呑み・マグカップ等にティーバッグ1袋を入れます。
  • 【其の二】
    50℃ 100㎖
    一度沸騰したお湯(約95℃)を100㎖注ぎます。
  • 【其の三】
    1min 30sec
    約1分半おいて、お茶の色が出たら軽くゆすり取り出してお飲み下さい。

玄米茶(壺切玄米茶)の美味しい淹れ方

茶葉の場合

  • 茶葉:8g
  • お湯:250ml
  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    一度沸騰したお湯250㎖を二つの湯呑みに分けて注ぎ、大さじ約4杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    湯飲みのお湯を冷まさずそのまま急須へ移します。
  • 【其の三】
    抽出して「廻し注ぎ」します
    約1分半待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。※

    ※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

ティーバッグの場合

  • 【其の一】
    tea bag 1bag
    お湯呑み・マグカップ等にティーバッグ1袋を入れます。
  • 【其の二】
    50℃ 100㎖
    一度沸騰したお湯(約95℃)を100㎖注ぎます。
  • 【其の三】
    1min 30sec
    約1分半おいて、お茶の色が出たら軽くゆすり取り出してお飲み下さい。

宇治雁ヶ音の美味しい淹れ方

茶葉の場合

  • 茶葉:8g
  • お湯:200ml
  • 【其の一】
    茶葉を入れます
    一度沸騰したお湯200㎖を二つの湯呑みに分けて注ぎ、湯冷ましします。
    大さじ約2杯の茶葉(8gで2人分)を急須に入れます。
  • 【其の二】
    お湯を注ぎます
    湯飲みのお湯が約75℃になった頃に急須へ移します。
  • 【其の三】
    抽出して「廻し注ぎ」します
    約1分半待ち、抽出後濃淡のないように、まんべんなく少しづつ最後の一滴まで残さず注ぎ分けます。※

    ※つぎ始めは薄く、後になるほど濃くなるので、お茶の濃さが平均するように「廻し注ぎ」します。

冷煎茶の美味しい淹れ方

ティーバッグの場合

  • 【其の一】
    急須またはクーラーポットにティーバッグ1袋と水300㎖を注ぎます。
  • 【其の二】
    しばらくしてお茶の色がでたら、グラスに氷を入れて注いでください。 抽出時間はお茶の色を見て お好みで調節してください。

祇園しぐれの美味しい淹れ方

特選グリーンティ
グリーンティ
しょうが入りグリーンティ

大さじ約2杯(20g)をカップに入れ、150㎖の冷水、又はお湯を注ぎながらよくかき混ぜてお召し上がり下さい。

※ホットでも、アイスでも、美味しくお召し上がり頂けます。

※150㎖の温めた牛乳や冷たい牛乳を注ぎながらよくかき混ぜて、抹茶ミルクとしてもお楽しみいただけます。

抹茶オレ

大さじ約3杯(30g)をカップに入れ、150㎖のお湯を注ぎながらよくかき混ぜてお召し上がり下さい。

ほうじ茶オレ

大さじ約3杯(30g)をカップに入れ、150㎖のお湯を注ぎながらよくかき混ぜてお召し上がり下さい。

※お好みで氷を入れ、アイスでもお楽しみ頂けます。